google-site-verification: google775b997a29a881ae.html
イベント会場

東別院会館(名古屋・東別院)の「アクセス」「座席」「楽しみ方」を解説します【東別院ホール】

この記事の内容

初めて東別院会館(東別院ホール)へライブ・イベントに訪れる人を対象に、会場までのアクセス施設の概要現地での楽しみ方について紹介します。

管理人

金山駅から地下鉄で北に1駅。真宗大谷派東別院の敷地内にあるイベントホール。日本特殊陶業市民会館からも歩いていけます。

東別院会館は、名古屋市中区にある貸会議室・ホールで、真宗大谷派名古屋別院(通称「東別院」)の敷地内にあります。

特に宗派専用ではなく、一般の法人のビジネス目的で使用されている施設です。

建物の3階にある東別院ホールは、約450人を収容可能で、芸能人のイベントやコンサートでよく使用されており、名古屋市内の主要イベント会場の1つとなっています。

東別院会館へのアクセス

出典:東別院会館公式サイトより

東別院ホールのある東別院会館の最寄り駅は、そのものズバリの東別院駅地下鉄名城線の停車駅になります。駅の4番出口から徒歩約5分のところにあります。

東別院駅は、日本特殊等業市民会館のある金山駅から1駅目。また、金山駅との距離もそれほど離れていないため、金山駅から北へ歩いていっても、それほど時間はかかりません。

ライブ遠征する人のアクセスとしては、新幹線の名古屋駅から、飛行機で来た場合は中部国際空港駅からJR・名鉄・地下鉄が乗り入れる金山駅に向かうルートが考えられます。

ここでは、金山駅からの地下鉄ルートと、徒歩ルートをそれぞれ紹介します。

金山駅から東別院駅・会場までの地下鉄・徒歩ルート

JR金山駅改札

金山駅に着きました。まずは改札を出て、南北を繋ぐ連絡通路のコンコースに移動します。

JRの改札からは正面の通路を出たところがコンコースです。

左に曲がり、地下鉄線に向かうエスカレーターを下ります。

地下鉄名城線(名港線)の改札です。最寄りの東別院駅は、名城線「栄・大曽根方面」の次の駅です

栄・大曽根方面は3・4番線に到着します。ホームに向かい、来た電車に乗りましょう。

乗車時間分で1,2分で東別院駅に到着です。運賃は片道210円です。

ホームから改札に向かうエスカレーターまたは階段を上がります。

改札は1箇所です。

改札を出たところの案内表示を確認し、左側の3・4番出口を目指します。

4番出口の「東別院 名古屋テレビ」の方向に進みます。

エスカレーターまたは階段を上がります。

4番出口です。大きな交差点の前に出ます。そのまま直進します。

正面の交差点は「東別院」交差点。上に名古屋高速が走っています。

前の交差点を渡ったところにあるのが、名古屋テレビ放送メーテレ)のビルです。

メーテレ前を通過します。

ほどなく会場の看板が見えてきます。

東別院駅改札から約5分で会場に到着です。お疲れさまでした。

金山駅から会場までの徒歩ルート

金山駅コンコース北口

続いて金山駅から会場までまでの徒歩ルートを紹介します。天気が良ければ、1駅210円がもったいないと感じる人もいるかと思います。

改札を出て、南北通路のコンコースを出たところからスタートします。まずは北口へ向かいましょう。

北口を出たら、横断歩道を渡りアスナルとは反対の右方向に進みます。

カナヤマギンザのマツキヨ前を通過します。

広い通り(大津通)の前まで来たら、渡らずに左に曲がります。

ここからはずっと真っすぐ道なりです。

右奥に「かに本家」の看板のある金山交差点を直進します。

やがて日本特殊陶業市民会館の入口に差し掛かります。

日本特殊陶業市民会館前を通過します。

続いて名古屋市音楽プラザ前を通過します。

市民会館北交差点を渡ります。

ほどなく古沢歩道橋を通過します。

前方に「山王通」との交差点表示と名古屋高速の高架が見えれば、会場までもうすぐです。

山王通との「東別院」交差点です。

さきほど鉄道ルートで紹介した4番出口が交差点右奥に見えます。

交差点の横断歩道を渡ります。

渡った先が名古屋テレビ放送ビル前です。ここから左へ曲がってすぐが会場です。金山駅から徒歩約12分で到着です。お疲れさまでした(ちなみに前の道は「東別院参道」になります)。

日本特殊陶業市民会館(名古屋・金山)の「アクセス」「座席」「楽しみ方」を解説します【フォレストホール・ビレッジホール】 この記事の内容 初めて「日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)」のライブに訪れる人を対象に、会場までの行き方や施設の概要、現地...

東別院ホールはこんな所

イベント・ライブ向きのフラットな構造

東別院会館3階にある東別院ホールは、総客席数450席。上の写真をご覧いただくとわかりますが、全体にほとんど段差のないフラットな構造です。施設上はホールではなく「講堂」の扱いになっています。

5列目右側からの眺め
19列(最後列)からの眺め

座席の最後列は19列で、3列と4列の間と、13列と14列の間に扉があるため、約1席分空けており、それが通路になっています。13列目と14列目の通路の扉の奥にトイレがあります。

3列目〜4列目の付近の通路
13列目〜14列目付近の通路

フラットな会場ですが、通路後方の14列と15列の間と15列と16列に間に、それぞれ一段ずつ段差ができています。

14列〜16列にかけての段差
上から見たところ

よく見ると10列目以降は若干傾斜が付けられているようですが、11列から14列よりも15列目以降の席のほうが、ステージは見やすくなります。

10列目以降を横から見たところ

それでもキャパは小さくステージとの距離は近いので、前の人の頭が気にならない限りは、全体によく見える会場です。

10列目左端からの眺め

東別院ホール 座席表

出典:東別院会館公式サイトより

ホール入り口まで

階段
エレベーター

東別院ホールは3階にあるので、会場前に着いたら階段またはエレベーターで3階まで上がります。

階段を上る途中で、敷地内の真宗大谷派の建物が見えます。

2階の待合ロビーです。入場待機列を作る場合、このあたりから並ばされることがあります。

2階から3階にかけては屋根がありません。この日のように天気が悪いと少し不便です(右に会場入口があります)。

特に待機列が伸びていなかったので、この日はエレベーターを使って会場入口に直接移動しました。この方が雨に濡れる心配はありません。

周辺施設

真宗大谷派 名古屋別院(東別院)

東別院は、親鸞聖人(しんらんしょうにん)を教祖とする浄土真宗の寺院で、京都にある東本願寺を本山とする真宗大谷派に属します。

1690(元禄3)年、尾張の地に本願念仏のみ教えを伝える道場として、一如上人(いちにょしょうにん)によって開かれました。

真宗大谷派は全国を教区に分けられ、ここ名古屋教区の唯一の拠点(名古屋別院)として、教化活動の中心となっています。

境内では、毎月8日、18日、28日に「暮らしの朝市」が開催されています。

SAKURA CAFE(サクラカフェ)

会場の1階にあるカフェが「SAKURA CAFE(サクラカフェ)」です。金山駅周辺と違って、周りにお店は少ないので、公演前後の貴重な待合せや時間つぶしスポットになります。

20席ほどの店内
ドリンクメニュー
乱離メニュー
ケーキセット各種

名古屋テレビ放送(メーテレ)

さきほどのアクセスルートで紹介した、会場の隣りにある地元放送局が「名古屋テレビ放送メーテレ)」です。

写真右のキャラクターは、同社のマスコット「ウルフィ」です。「羊の皮をまとったオオカミ」という設定です。

何かロビーに「モフモフパラダイス」という癒しスポットも設置されているようです。

下茶屋公園

下茶屋公園は、東別院のすぐ東側にあります。元は旧東本願寺別院の新御殿の後庭があったところで、江戸後期の庭園様式を今に残しています。

それほど大きくない公園で、都心にひっそりとたたずむ穴場スポットという感じです。

訪れた日は蒸し暑かったのですが、公園の中は静寂に包まれ少しひんやりとしていて、癒された気分になりました。

スターバックスコーヒー 東別院店

名古屋テレビ放送のビルの隣り、下茶屋公園のほとりにあるスタバです。場所柄マスコミ関係者もよく使っており、時々店内でメーテレの女子アナを見かけることもあるそうです。

ロードサイド店舗でドライブスルーも設置されており、車による利用も多い店です。

施設概要・地図

地図